錦糸町のAGA専門クリニック | 薄毛・抜け毛治療は専門病院で

錦糸町のAGA専門クリニック | 薄毛・抜け毛治療は専門病院で

リバイブAGAクリニック

カウンセリング・ご相談は無料

診療時間

平日     午前 11:00 - 20:00
土日祝  午前 10:00 - 19:00
※最終受付:診療時間30分前

休診日   

不定期

育毛剤と発毛剤、

最終更新日:2020年11月10日

育毛剤と発毛剤 (ミノキシジル外用)

最近ではミノキシジル配合の発毛剤がテレビ放送されるようになってきてネットでも育毛剤広告に触れる機会も多くなりました。

まず育毛剤と発毛剤の違いは?

育毛剤と発毛剤ですが特徴と効果が違います。頭皮の環境を整えるのが育毛剤です。育毛剤は頭皮環境を整えて、結構の促進や環境を整えるといったことを行いますし薄毛にならないように抜け毛を防ぐことが目的になります。

ですから、使えば毛が生えてくるような毛生え薬ではありません。また使ったから必ずしも抜け毛予防になるというわけではありません。育毛剤には、頭皮の血行を促したり、頭皮に栄養を与えたりする働きがあり、健康的な毛髪を育てる効果を期待するものです。

発毛剤には、発毛成分のミノキシジルが配合されており、新しい毛髪の発毛と成長を促す効果があります。ミノキシジルが頭皮の中にある毛乳頭細胞に直接働きかけることで、毛髪をつくる毛母細胞を活性化させ、薄毛や抜け毛につながっているヘアサイクルの乱れを補正し、なかった部位にも新しく発毛し、さらにコシハリのある毛髪へと成長させます。すでにある毛髪を力強く成長させるだけではなく、新しく生やし、育て、定着させるのが発毛剤の効果となります。

現在、日本で市販の医薬品として認められているのは、発毛成分としての「ミノキシジル」を含んだ外用薬のみ。それ以外の成分や内服薬に関しては、医師の診察が必要となります。

 端的に言うと発毛剤は、新しい毛を生やす「発毛効果」が認められている医薬品です。髪の毛がなくなってしまった部分でも、発毛する可能性が期待できるものを指します。育毛剤は今毛がある部位の環境を整えてくれるものとなっております。

 AGA(男性型脱毛症)などで、生え際が後退していた入り、消失した部位にそ新しい髪の毛を生やしたいのあれば、「発毛剤」が第一選択になるでしょう。

 その「発毛剤」ですがどこで効果が認められてるのはミノキシジルです。できるだけその成分が多いものを選びたいですよね。しかし医薬部外品の場合法律の問題で5%が上限の濃度になります。一本8000程度するものも多いです。

当院ではクリニック処方になるため、5%および15%をご用意させていただいております。有効成分が3倍だから値段が3倍になるわけではありません。せっかく使うならコストパフォーマンス的にもミノキシジル15%の外用をおすすめしております。5%→15%に切り替えませんか?

 ミノキシジル外用は内服よりもより全身副作用が少ないと考えられています。ただ皮膚の掻痒感、発赤、湿疹、アレルギー反応、毛嚢炎などが起こりえます。また一時的に毛が抜ける初期脱毛も起きえます。ミノキシジル配合の発毛剤がクリニック経由でなくても買える時代にはなりました。とはいえ、元が薬なので副作用のフォローが全くなしでいいかというわけではないと考えます。また市販の医薬品以外だけでは不十分でデュタステリドやメソセラピーといった治療を併用したほうがいいこともあります。発毛剤は第1類医薬品です、第1類医薬品を買うのなら折角なら髪の専門クリニックで無料相談して経過や副作用がでるか診てもらうと安心ですね。自己判断ではなく、客観的に髪のトータルサポートを受けられます。

この記事を書いた人

revive_aga_admin_master_user 医師

 
開業記念 初月1,000円 キャンペーン
一ヶ月無料 キャンペーン